西志津小学校学童

3日前に西志津小学校の校長先生と久しぶりにお会いしてきました。

私が12年前にPTA会長になった時の教頭先生が、現在校長先生として戻ってきてくださっています。

当時は1,000人を超えていた児童が、微減することは児童推計からわかっていましたが、現在の総児童数は786人。

すでに800人を割り込んでいます。

校長先生ともそんな話をしてきました。

少子化が進んできてはいるものの、保育園や学童の需要は増えています。

西志津の学童も第1から第3まであり、120人の定員枠があるのですが、今春学童の職員の方からご相談があり、5~6年生の利用者がいないため、新年度になっても定員枠が空かないまま30人以上の新入生の利用申し込みがあるため困っているとのことでした。

6月議会で学童保育所管理運営事業と施設整備事業として2,179万5,000円の補正予算が計上され、承認されました。

第3学童では現在待機児童が発生しておりますが、学童を拡張し、定員も9月1日から30人増員できることになりました。

迅速に対応できたものの、本来であれば見通しをもって春休み中には学童の拡張やプラスの人件費なども確保しておくべきでした。

年明けから職員は保育園のコロナ対応などに追われて多忙な状況ではありましたが、私も今後状況把握に努めたいと思います。

前の記事

コロナ交付金事業